営業活動のPDCAを効率よく回す「SFA」とは

営業活動のデータをまとめて管理したくても、日報や顧客情報、スケジュールなどのシステムが異なっているとデータ集計に時間がかかってしまい非常に非効率的です。
もしくは、その集計に何人もの人を導入するとなると人件費の問題がでてきます。
それでは、売上を上げるために営業活動を効率よく回したくても回せなくなってしまうでしょう。
そこで「SFA」というシステムを使うことによってデータを簡単に集計することができ、それぞれの営業マンの活動実績などを見える化にすることで、リアルタイムに改善点を把握し、修正することで高速にPDCAを回すことが可能になります。
また、情報共有も「SFA」を使用することで、各営業担当のスケジュールや商談に関する情報なども共有・拡散されるので顧客への対応がスムーズになります。
このように「SFA」を導入することで、営業活動の負担が減り、会社全体で効率よくPDCAを回すことが可能になるでしょう。

最新投稿

  • どっちがどっち?SFAとCRMの違いとは

    顧客管理システムという意味ではSFAとCRMは同じですが、今回は、それぞれどのような役割を持っている …

    続きを読む...

  • SFAの相場や機能を徹底比較

    SFAは「Sales Force Automation」の略で、売上アップのために営業活動を管理し効 …

    続きを読む...

  • SFAを社員に定使ってもらうためには6つのポイント

    営業支援ツールのSFAを導入させたけど、社員が全然使っていないと悩んでいる方もいると思います。

    続きを読む...

  • SFAで解決!導入のメリットとは

    営業活動を管理する側は、全員が同じ営業スキルを持っていれば効率化を図ることは簡単だと思います。

    続きを読む...

お知らせ

一覧